일본 신문사설

[일본 신문사설] 2018년 4월 28일 토요일 - 문재인· 김정은 남북정상회담

꿍금이 2018. 4. 28.

2018년 4월 28일 토요일

오늘의 일본 주요 신문 사설 모음

朝日、毎日、日経、産経、東京(中日)、読売の新聞社説一覧


6개 신문사 7개의 신문사설

주요 시사· 이슈 토픽







■ 아사히신문 사설 朝日新聞 社説

 南北首脳会談 平和の定着につなげたい       전문보기

このわずか数百メートルの歩みに、70年近くの分断と対立の重みがあった。金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長はきのう、北朝鮮の最高指導者として初めて軍事境界線を越え、韓国の地を踏んだ。 史上3度目の南北首脳会談が実現した。 「金委員長が境界線を越えた瞬間、板門店は分断ではなく、平和の象徴になった」 会談の冒頭で文在寅(ムンジェイン)・韓国大統領が語ったように、いまも冷戦構造が残る朝鮮半島に、新たなページが開かれつつあることを印象づけた。 両首脳は会談後、非核化や恒久平和の定着の問題を盛り込んだ「板門店宣言」に署名した。



■ 요미우리신문 사설 読売新聞 社説

 南北首脳会談 非核化の道筋はまだ見えない

◆問われるトランプ氏の交渉戦略◆

北朝鮮の核実験やミサイル発射で高まっていた朝鮮半島の緊張が、南北の融和によって緩和されるのは歓迎できる。 未知の部分が多い北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の実像が垣間見えたのも収穫だ。 南北の合意を、6月初旬までに予定される米朝首脳会談に生かし、北朝鮮の非核化の具体的な措置に結びつけねばならない。



■ 마이니치신문 사설 毎日新聞 社説

 11年ぶりの南北首脳会談 非核化への流れ止めるな

最大の課題だった北朝鮮の核・ミサイル問題よりも、南北の融和を優先させた印象は否めない。それでも、ようやく芽生えた非核化の流れを決して止めてはならない。 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が南北軍事境界線のある板門店で会談し、共同宣言を発表した。 今回の会談は、6月までに行われる米朝首脳会談を前にした「橋渡し」との位置付けだった。金委員長には、北朝鮮の外交や軍の責任者が随行していた。核問題で思い切った決断がなされるとの期待感があった。



■ 니혼게이자이신문 사설日本経済新聞 社説

 板門店宣言を北の完全非核化につなげよ

北朝鮮の核放棄に向けた一歩となるのだろうか。韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩委員長が南北の軍事境界線のある板門店で会談し、「完全な非核化を通じ、核のない朝鮮半島の実現」をめざすとした共同宣言を発表した。 南北首脳会談の開催はおよそ10年半ぶりで、今回で3回目だ。 もっとも過去2回の会談はいずれも平壌で開かれた。北朝鮮の最高指導者が軍事境界線を越え、韓国側に入ったのは初めてだ。共同宣言の署名後には、両首脳がともに記者発表に臨む演出もあった。南北融和を象徴する歴史的な出来事になったといえるだろう。


 カジノの懸念に応える審議を

カジノを含む統合型リゾート(IR)の運営ルールを定めたIR実施法案が閣議決定された。政府はいまの国会での成立を目指している。施行されれば、当面国内で3カ所を上限とする候補地の選考など、カジノ開業に向けた動きが本格的に始まる。 カジノをめぐっては、特にギャンブル依存症に対する懸念が大きい。このため政府・与党はこれまで、「世界最高水準の規制を設ける」などと説明してきた。



■ 산케이신문 사설(주장) 産経新聞 主張

 南北首脳会談 微笑みより真の非核化を 米朝会談に向け圧力継続せよ

韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が軍事境界線のある板門店で会談した。 両氏が署名した共同宣言は、「南北は完全な非核化を通じて、核のない朝鮮半島を実現するという共通の目標を確認した」とうたった。年内に朝鮮戦争の終戦宣言をし、休戦協定を平和協定に転換するための会談を推進することでも合意した。 両氏が手を携えて歩くなど、融和の演出は十二分に行われたが、これで実質的にも大きな前進があったようにとらえるのは、大きな間違いである。 《「融和」にだまされるな》 安倍晋三首相は南北の共同宣言について、「前向きな動きと歓迎する」と語ったが「北朝鮮が具体的な行動を取ることを強く期待する」と、くぎを刺すことを忘れなかった。当然である。



■ 도쿄신문 사설 「東京新聞 社説

 南北首脳会談 非核化宣言を行動へ

十年半ぶりに開かれた南北首脳会談で、焦点となっていた核問題は、「完全な非核化」で双方が合意し、宣言文に盛り込まれた。次は実行に移す段階だ。 これほど南北の距離が縮まり、首脳会談、そして共同記者会見まで行われるとは、誰も想像できなかったに違いない。 昨年北朝鮮は、ミサイルの発射実験を十五回繰り返した。「水爆実験」と称する六回目の核実験まで強行した。 米国との軍事衝突の危険性がささやかれ、不安が高まった。


 


2018년 4월 28일 토요일

오늘의 일본신문 1면

아사히


니시니혼


재팬타임스


댓글0